朝礼の言葉

おはようございます。今年もあっという間に師走になりました。

 

残り1ヶ月、交通違反や自損事故のないよう宜しくお願いいたします。

 

業績の方は、先月中盤までは調子が良かったのですが、後半失速してしまいま

 

した。

 

今期は、後半の山が不充分です。来年は大型工事案件も控えていますが、今ひ

 

とつ奮起して、頑張ってください

 

又、気の緩みではないと思いますが、先月はクレームや発注違いのオンパ

 

レードです。

 

クレームはナガヤの実質純利からのマイナスになります。

 

一人一人が注文を十分に確認取って頂きたく思います。先日もこの話を業務部

 

長にしたところ、弊社の事務員さんは必ず、ファインウレタンだと1液ですか?

 

2液ですか?又ケンエースだと水性ですか?溶剤ですかとの確認を行っている

 

とのことです。事務の方がこれだけできて、営業はできないとは正直情けない

 

です。

 

さて、話は変わりますが、ラクビーの日本代表が、勝利した理由は、知識・情報量と

 

ハードワークです。

 

外国人選手および経験豊富な外国人監督の起用は、「知識・情報量」の底上げにあ

 

たります。そして、練習量の増加はイコール「行動量」の増加に他なりません。今回の

 

日本代表チームの「成果」は、「知識・情報量×行動量」で勝ち上がったのです。

 

これはビジネスの法則と同じです。

 

会社に置き換えますと具体的には、知識の体系がなくて、新商品のパンフレットを持

 

ってやみくもにセールスをかけているとか、行動予定を立てずにやみくもに訪問してい

 

るとかが駄目な例だと思います。営業会議の時にも言いましたが、営業知識や情報

 

のできるだけの共有をはかり、さらにトップセールスマンの行動分析を徹底しておこな

 

い、他社に負けない知識・情報の共有化と営業活動増加を徹底管理することが必要

 

だと思います。

 

   すなわち「成果」が上がる為には、「知識」の整備・底上げと「行動」量の増加が必要

 

す。

 

   今の現状を打破するために、率先垂範して、営業の強化を計ります。

 

皆さんのご協力をお願いいたします。

 

平成27年12月7日()

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>